防犯コンサルティング

盗難、社内不正、パワハラ、セクハラ、情報漏洩、反社会的勢力とのつながりなど企業や組織は多くのリスクを内在しています。 このような安全面に関するリスクが発生しないように備えるため、リスクマネジメントが求められています。

株式会社トリニティーの防犯コンサルティングは、防犯カメラシステムなど設備を使ったハード面での対策と、経験・知識を生かしたソフト面での対策を合わせて、リスクマネジメントとして提供します。 提携の調査会社・警備会社の紹介も交えて総合的にお任せいただくことができます。

代表的なリスク対策

内部要因

外部要因

社内不正の排除に

弊社では、たくさんの社内不正の現場に立ち会ってきました。企業ではタイムカードの不正行為(代打行為)から商品窃盗、横領にいたるまで証拠の撮影に関しては実績も豊富です。
環境調査カメラ(隠しカメラ)設置は弁護士からの依頼も増えており、興信所・探偵事務所を利用するよりはるかにお値打ちに取付工事を行うことが可能です。 また、証拠撮影が終了した際には、弊社提携の弁護士をご紹介することも可能です。

お問い合わせはこちら

防犯設備士

防犯設備士資格は公益社団法人日本防犯設備協会が防犯システムに携わる人に対して、専門の教育・指導・資格認定試験を行い、合格した者に与えられる資格です。 株式会社トリニティーでは必ず防犯設備士が防犯診断をしております。各拠点に必ず一人以上の防犯設備士がいます。

防犯設備士について