顧客分布マップを作り、営業強化エリアを考える。

12期までの顧客マップ

久々の更新です。

毎年、弊社の顧客リストを一時的にグーグルのマイマップに落とし込み、施工実績を作ってウェブサイトに掲載するのですが、とうとう何が何だかわからない状態になってきました。

顧客の住所を地図に落としこむのですが、個人情報がわからないようにピンだけを尺度の大きな地図に載せます。
コチラの地図は本社エリアの顧客分布地図です。

12期までの顧客マップ

12年間でこれだけのお客様に導入していただいているので本当にありがたいなぁと思う次第です。(実際にはデータ化されていない第1期と第2期は反映されていませんので10期分です)

逆に、三重や岐阜はまだまだ開拓の余地があることがわかります。
地域戦略を考えると、防犯カメラのニーズ自体が都心部に偏っていることもわかりますが商圏を広げていくには、さらに別の戦略も必要と感じています。

弱いエリアの地域をどう開拓するか

地図を見ると三重県いなべ市のお客様が少ないことがわかります。
こういう時はどうするかというと、弊社では「防犯カメラ+いなべ市」というキーワードで検索すると弊社のホームページが出てくるようにホームページ自体を作り変えます。

 

三重県いなべ市

こんな感じです。

ただニーズのある企業がその地域に少ないと、どれだけウェブで対策をとっても顧客は広がらないので、難しい場面もあります。

防犯カメラを使って防犯以外にもっともっと面白いことができたら商圏もさらに広がるのになぁと思いますね。

レトロ防犯カメラの世界① 横浜開港資料館

横浜開港資料館の防犯カメラ

これはもう病気といっていいかもしれませんが、私はどんな建物に入るときも必ず防犯カメラの有無を確認します。

これは私のような防犯カメラを販売している人と窃盗を生業としている泥棒に共通している職業病と言えます。

そんな私が、防犯カメラを見た瞬間に「お!!!」っと思わせるレトロな防犯カメラをごくまれに発見するときがあります。

そんな不定期シリーズを始めようかなと思います。

横浜開港資料館のレトロ防犯カメラ

横浜開港資料館の防犯カメラ

弊社の横浜営業所からほど近い、横浜開港資料館。入場料は大人200円です。

建物も非常に美しく時代を感じさせます。建物は以前、イギリスの領事館だったようですね。

その中でも、昔の待合室でしょうか、少し開けた場所があります。

横浜開港資料館 待合室

この部屋にレトロ防犯カメラは設置されていました。

横浜開港資料館 防犯カメラ

見た瞬間、目を奪われました。

レトロ防犯カメラ

なんて美しいんだろう!

一目見た瞬間に、この資料館のどんな資料より、どんな展示物より、このレトロ防犯カメラに目が釘付けになり動けなくなりました。

取付金具からの優美な曲線、計算しつくされた工業デザイン。ツートンのカメラ本体と取付金具の一体感。

ひとつのメーカーがすべての部品を作っていた昔だからこそできた、この全体の統一感。

素晴らしい、それ以外の言葉が見つかりません。

また、このカメラを取り付けた業者にも頭が下がります。

壁から出た同軸ケーブルに合わせてシンメトリーにフィクサー(取付金具)を設置、ケーブルも、しっかりと計算された長さでカメラまで配線されています。

このレトロ防犯カメラの製造元

WV パナソニックの防犯カメラ

ボケてしまいましたが、カメラの下側を見ると「ナショナル」の文字。

WVの型番は現在のパナソニックの防犯カメラにも受け継がれる伝統の型番です。

型番からどれだけ調べてもこのカメラに関する情報は見つけられませんでした。残念。

使用用途とその時代背景を考察

私が担当させてもらった防犯カメラの改修工事だと、20年ぐらい前の防犯カメラは結構出てきますが、おそらくこのカメラは40年以上前にこの建物に設置されたものじゃないかと思います。

横浜開港資料館の資料を見ると、「1972年までイギリスの領事館として利用されており、1981年に横浜開港資料館として開館した」と書かれております。

 

あくまでも私の仮説ですが、

この場所は資料館としてあまり防犯カメラを設置する必要性がない場所。

さらに

この場所は出入り口のすぐ横にあり、待合室のような場所であった可能性が高い。

さらにさらに

昔は非常に高価だったはずの防犯カメラを資料館では設置できないんじゃないか。

そう考えると1972年以前の領事館時代に設置されたと考えるのが妥当でしょう。

当時は間違いなく別の部屋にあるブラウン管の白黒テレビにつながっており、領事館を訪問した客人たちの様子を領事館の職員が、バックオフィスでデスクの傍らに置いてあるモニターを見守っていたかと思うとグッとくるものがあります。

このレトロ防犯カメラは、私が最も愛するレトロ防犯カメラです。

私の所属するEO名古屋のウェブサイトが公開されました。

EO名古屋

久しぶりの更新となります。

私は「EO名古屋」という起業家だけで構成された組織のメンバーで、発足から1年が経ち、ウェブサイトが公開されましたので、今回はその宣伝です。

 

https://eonagoya.org/

 

EOは、Entrepreneurs’ Organizationの略で、世界的なネットワークグループです。その名古屋のチャプターがEO名古屋です。

2017年、株式会社ブラスの河合達明社長により20名で発足しました。

私は、この発足を聞きつけ「絶対自分もメンバーになりたい!!」と思い、河合社長に面談を申込み、現在に至ります。

経営者が直面する様々な悩みや問題にどう取り組んでいくか、毎月EO名古屋の中の「フォーラム」という勉強会で様々な経営者の経験や知識をシェアしあいながら切磋琢磨していく、そんな組織です。

メンバーになるには、

1創業社長であること。

2売上が1億円以上であること。

3面談

この3つが入会の条件です。

そんな異業種交流会で日々、自分磨きをしております。

 

 

アツミ電氣からコントローラ賞をいただきました。

ALPA2018 表彰

弊社が加盟する全国組織【アルパネット】は、アツミ電氣が主催する「優良な防犯専門店とお客さまをつなぐ防犯ネットワーク」ということで、今回、コントローラ賞をいただきました。

弊社では、防犯カメラの販売・設置が主なお仕事ですが、防犯機器ならなんでも販売することが出来ます。

今期は、警察と民間団体を直接電話回線でつなぐ「110番通報装置」の販売台数が全国で2位だったということでの表彰です。

110番通報装置は銀行などの強盗や犯罪のリスクが高い場所や、幼稚園・保育園、病院など、子供や老人が集まる場所などに設置し、ボタン一つ、電話一つで警察につながる仕組みです。

ALPA2018 表彰

簡単に言うと、施設に設置された電話と警察をつなぐ、押しボタンや受話器がつながったシステムです。

映画などで強盗に入られた銀行の職員がひそかに机の下にあるボタンを押すシーンがありますよね。あれです!

そういった機械の一定期間の販売台数が全国2位だったということで静岡県浜松市のアクトタワーで開催されたビッグチャレンジ2018で表彰されました。

ありがとうございました。

 

110番通報システム

https://www.office-trinity.com/business/alert/alert-110.html

ブログをはじめて思ったこと

ブログのアクセス数

ブログをはじめて3週間が過ぎました。

ブログのアクセス数も上がり、ほぼ倍になりました。

リクルートページを見てくれる人も70%以上増えました。

ブログのアクセス数

 

実はここ3週間で、ブログのアクセス数がトップページを抜いてしまいました。今見てもらっている、このブログが入っているコーポレートサイトは、集客目的に使っていないので全体のアクセスも少ないのですが、ページビューが増えてきてうれしく思っています。

 

最初は求職者向けに書いていたのですが、だんだん社内の社員も見てくれるようになり、社内の風土づくりにもなると感じました。

書いている内容は、求職者の(どんな会社だろう)というのを少しでもわかりやすく紹介していこうと考えたのが始まりですが、ここからは、社員に向けても書いていけたらなと思っています。

元々ブログは創業から10サイト以上作ってきましたが、どれも集客目的で、防犯カメラについてばかり書いていました。ある程度の役割を果たし、今では閉鎖してしまったものがほとんどです。

今回の、自分の考えばかり掲載するブログ、というのは恥ずかしい部分もありますが、逆に恥ずかしくて社員に面と向かって言えないことも書ける時があり、非常に便利です。

 

トリニティーの一週間

トリニティーの一週間

防犯カメラを販売している某大手警備会社だったり、事務機器販売店だったり、多くの会社が終電間際まで残業しているというお話を聞いたことがあります。

弊社も残業はあるのですが、そこまで多くはないです。なので、ざっくりと一週間のスケジュールをお見せしたいと思います。

弊社は、グーグルカレンダーで、スケジュールを共有、管理しています。色々なツールを試して、やはりグーグルカレンダーが、一番使いやすかったですね。

下が、名古屋本社の先週のスケジュールです。(ボカシ入れてます。)先週の月曜日は子供の入学式で有休をとってお休みしている人もいますね。土日出勤が月に2日あり、先週の土曜日は結構みんな動いてくれました。

日曜日は消してますが、管理の人間がシステムを触るために午後から一人だけ出勤してました。

12日、木曜日の午前は営業会議です。営業会議に私は参加しません(参加するときもあります。)

13日、金曜日の夜は新卒社員の歓迎会でした。

 

トリニティーの一週間

7人分のスケジュールです。

 

部署ごとに共有していない人もいますが、工事部と営業部はほとんど全員スケジュール共有しています。

訪問営業ですので、一つ一つのブロックがどこかのお客様のところに伺ってます。

この週は、工事が9件、ちょっと少ない週ですね。4月はどちらかというと閑散期です。後の残りのブロックは、打ち合わせや障害対応です。

移動時間はカレンダーの中に入っていないので一人一人が結構忙しいです。

ちなみに赤い部分が私のスケジュールです。ちなみに私のスケジュールは全社員が見れるようになっています。

私は経営者ですので夜もまあまあ働きます。家に持ち帰って仕事する日もあります。取引先とお酒を飲みに行くときもありますし、交流会などに参加するときも多いですね。

内勤社員は残業はゼロです。営業社員は残業時間は平均で一日1時間程度です。忙しい時もう少し遅くなります。予定がある人は、6時ちょうどに帰って、次の日の朝、早めに出社して仕事している人もいます。営業職にしては、まあまあ早く帰ってるほうじゃないかなと思います。

 

 

横浜支店長と2ショット

普段は支店長は営業会議にネット経由で参加するのですが、名古屋の雰囲気を肌で感じ取りたいということと、情報格差が生まれつつあること、たまにはみんなに会いたい、ということで本日は名古屋に来てもらいました。

支店間の情報格差については、私も彼も気づいており、なにか新しい仕組みを作らなくてはいけないなと感じています。キントーン(サイボウズのCRM)を導入したこともあり、新しいことをその中でやっていけたらなと考え中です。

安藤社員

もともと、横浜支店長の安藤君は岡崎市出身、名古屋で入社して今年で7年目を迎える社員です。3年前に横浜営業所を開設し、転勤、横浜支店長として順調に売り上げを伸ばしてくれています。

彼は、付き合っている彼女が入社当時からいて結婚と同じタイミングで転勤してもらいました。結婚式にも呼んでもらい、初めての主賓でのあいさつをさせてもらいました。

彼はもともと名古屋市北区でバーを経営しており、その後弊社に来てもらいました。優しい性格からか友達も多く、推測ですがたぶん私の5倍ぐらいは友達と呼べる人がいると思います。

新婚生活のせいか、ほんのちょっとだけ?ぽっちゃりしてきましたが、気にしているのか先日一緒に飲みに行ったとき、なんか変なダイエットのくすりを飲んでいました(笑)。私も最近おなかが出てきたので気を付けないといけません。

健康で長く一緒に働いていきたいものです。

 

ウェアラブルカメラで動画コンテンツを作る実験

弊社は防犯カメラをウェブマーケティングで販売しています。防犯カメラのニーズのある人が、弊社のウェブサイトを見てお電話やメールで問い合わせていただく仕組みです。

コンテンツマーケティングの中で動画コンテンツを一部使っているのですが、最も伝えたい工事現場での弊社の丁寧な工事の様子は、なかなか撮影することが出来ません。写真は撮れるのですが、一生懸命作業しているのに、手を止めて「動画を撮ってほしい」とは頼みづらく、いろいろどうしたらよいものかと頭を悩ませておりました。

そこで、ウェアラブルカメラを購入しました。

ウエアラブルカメラ

パナソニック HX-A1H-D

 

最近、はやりのウエアラブルカメラ。動画コンテンツを作る以外にも、

「営業マンが工事部のスタッフを現場に連れていけない時に、現地で撮影して後から工事部に映像を見てもらい、工事費を算出する」

などに使えないか、期待して購入しました。

弊社の今年入社の新卒社員にモデルをお願いし、快諾してもらえたので、写真と動画を紹介します。

ウェアラブルカメラのテスト

ヘッドセットを使って頭に装着します。

パナソニックのウェアラブルカメラを装着したところ

私も装着してみましたが、全然重たくないです。これなら工事部で装着しながら施工写真を撮影できるかも。

動画の画質を確認。

藤井君に椅子に乗って、くるくると回ってもらいました。(すいません。ここからは少しおふざけが入っています。)

色々撮影したのですが、新卒入社でまだ一か月もたっていないのに着々とムードメーカ―となりつつある将来の宴会部長が、シュールな動画がいいんじゃないかと言い出したため、このような映像になりましたことを重ねて謝罪いたします。

身内ネタは面白さが伝わりにくくてすいません。笑いをこらえるのに必死でした。

少しレビューを

  • 重さは気になりません。ヘッドセットで頭にはめるのですが、耳にあたるので長時間使っていると痛くなるかも。
  • 頭に装着して動画をとってもそこまでぶれない。かなりのテブレ対策が施してあるようです。
  • スマホとWi-Fiで連動させるのですが、毎回接続しなおさなくてはいけないので、現場で急ぎのときに面倒。
  • ボタンが三つしかないので、頭に装着したままでも録画ボタン、モード切替ボタン、電源ボタンが手で触っただけでわかる。
  • 少し魚眼になっているので、広角で幅広く撮影できる。
  • 必死に笑いをこらえても耳元にマイクがあるため、自分の漏れた笑い声を拾ってしまう。

作業中の様子を一人称で作業する両手が映るように撮影できることは非常に面白いと感じました。

また、弊社のように現場で下見をしないといけない業種では、これから必要不可欠なものになるかもしれないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

営業エピソード マンションの防犯カメラ

日々営業していると奇抜なお仕事も多々ありますが、今回は一般的なものをご紹介します。

マンションの防犯カメラ提案

マンションの防犯カメラ

弊社では、マンションに防犯カメラを設置することが多々ありますが、会社にお電話をくださるお客様はいろいろな立場の方です。

大きく分けると【賃貸マンションのオーナー様】【分譲マンションの管理組合】【ビル管理会社】【電気屋さん】が主ですが、エレベーター屋さんや自動販売機屋さんの場合もあります。

不思議ですよね。不動産はいろいろな方がお仕事をしており、どこからお仕事が来るかわかりません。

今回は【電気屋さん】からの依頼です。

電気屋さんからマンションの防犯カメラ工事を頼まれたケース

 

「インターネットで見つけたんだけど、おたくの会社は防犯カメラの工事ってどんなのでもできるの?」とお電話が入りました。

お話を聞くと、名古屋市内にある電気工事会社からでした。

「建設会社から電気工事を請け負っているけれど、今回防犯カメラをインターネットにつなげてくれって言われて困っとるんだわ~。助けてくれんかね。」

年配の電気工事屋さんで、ネットワーク界隈の仕事はあまりやったことがないそうです。

ありがとうございます!と現地に赴き、スマホやパソコンを使ってご説明させていただくと、

「わしの手におえんもんで、直接建設会社と取引してくれんかね。この人が担当だもんで、今日言っとくで、明日電話したって!」

と、建設会社の名刺を渡されました。

電気工事は「強電」と「弱電」に分かれていて、私たちの防犯設備は「弱電工事」と呼ばれる種類のお仕事です。工事現場などではしっかり分業されているのが一般的です。

その後、しっかりと弊社で防犯カメラを設置し、建設会社にも気に入っていただき、防犯カメラの工事があると毎回、弊社に任せていただくようになりました。大きな仕事も小さな仕事も区別せず、しっかりと仕事をしていると、どんどん仕事が増えていきます。

弊社は、まじめにコツコツ仕事できる人間が結果を出せる、そんな会社だと思っています。

営業エピソード 外国人労働者のトラブル

弊社の仕事がどのような仕事なのか、求職者の方にもわかりやすいように不定期で営業にまつわる様々なエピソードを書いていきたいと思います。

ただ、お客様が特定されないようにすこーしずつ変えて書きますね。

工場でのトラブル

この東海地区には、自動車関係を筆頭にたくさんの製造工場があります。トリニティーでは工場に防犯カメラを入れる機会が非常に多いので、たくさんのトラブルを目にします。

弊社はウェブマーケティングですので、お客様からお電話やメールでお問い合わせがあったところからが営業の仕事です。

東三河にあるその工場では、製造ラインに海外のスタッフを約20名ほど雇用しており、「色々とトラブルがあるので防犯カメラを入れて従業員を監視したい」とのお話を電話で受けました。

アポイントを取り、お伺いすると、その工場は溶接や組み立てを行っている工場で、プレス機がずらっと並んでいます。

どんなトラブルがあるのですか?と聞くと、「もうずっとトラブル続きです。」とお話しされます。

コミュニケーションがうまく取れず「作業中に手袋を何度注意しても、すぐに外してしまう」とのこと。さらには溶接時に目が悪くならないよう普通はサングラスやかぶり面をするのですが、「かぶり面をするのを嫌がって、班長や課長が近くにいるときには着用するけど、いなくなると外してしまう」と困っていらっしゃいました。靴もかかとを踏んだ状態で作業をしており、転んで事故になるからと何度も注意するらしいです。

溶接のかぶり面かぶり面

手に傷を負ってしまったり、視力が落ちてしまうと大変です。特に海外の方は、就労を終えて母国に帰国してからそういった体調の不具合が発覚することもあり、労災認定を取るために国を超えて書類作成や保険適用をおこなうようです。

これらの問題は、(指示通り作業しなかった労働者の責任)ではなく、会社側の管理不足となり、会社側に責任を求められるのが一般的です。ただ、監督者が作業員を後ろでずっと見守っているわけにはいきません。

その問題をどう解決するか、というところで弊社に出番が回ってきます。

工場全体に32台の防犯カメラを提案させていただき、納品をしました。オフィスから工場内の様子が全部見てわかるようにしました。

その後はそういったことが起こるとすぐに事務員が担当者に報告、改善命令を出して記録し、注意喚起する仕組みを構築してもらいました。

こういうケースでの防犯カメラ導入は非常に多く、実は【防犯カメラ】といっても盗難や不審者の侵入を防ぐ防犯の目的でカメラをつけるのは弊社では全体の半分以下です。

カメラ32台にもなると、新人営業マン一人でシステムを作ったり、段取りをしたりするのは難しいので先輩社員が補助でつく形となります。32台レベルのカメラシステムが一人で構築できるようになるまでは、大体3年ぐらいはかかりますね。

ちなみに8台ぐらいまでなら半年で一人でできるようになります。